2017年11月15日水曜日

今日は何の日?

皆様こんにちは。

行政書士の今澤嘉孝(いまざわ きよたか)です。


さて皆様、今日は何の日かご存知ですか?



正解は!


いい遺言の日


でした。


遺産や相続の関心を高めてもらうために、日本記念日認定協会により
平成18年に認定されたそうです。


これに合わせて、11月15日~22日までは、


夫婦の遺言週間
らしいです。



2017年11月6日月曜日

盛り上がったセミナー

 皆様おはようございます。

 行政書士の今澤嘉孝(いまざわ きよたか)です。

最近は雨も少なく、すこし肌寒いですが過ごしやすい日々が続いている
ような気がします。

さてさて、先日相続のセミナーをさせていただいたのですが、
その日ご来場のお客様方が、非常に積極的な方が多く、

セミナー終了後も、多数質問をしていただきました。

なかなか大勢の前では挙手をしてまでは・・・
という方も、お帰りの際に声をかけていただきました。

セミナーでお伝えできることって、時間などの制限もあり、
どうしても限られてしまいます。

ですから、セミナーを聞くことによって出てくる疑問や不安って
あります。

そんな時はその場で挙手をして聞いてくれるも良し、
帰る際にこっそり聞いてくれるも良し、
そして、後日お電話にて聞いてくれるも良しです。

必要とあらば、ご自宅まで無料相談に伺いますので、
どうぞ疑問や不安は解消して下さいね。


2017年10月8日日曜日

相続なんて関係ないと思っているあなた

 
こんにちは、行政書士の今澤嘉孝(いまざわ きよたか)です。

なんか急に涼しくなりましたね。

私の自宅は標高が高いので、夜は寒いくらいで既にフリースを着ております。



 さて、最近葬儀社様でセミナーをさせていただいたあと、聞きにこられているお客様とのお話しの中でよく耳にするのがが、「うちは相続なんて関係ないと思ってた」「家の名義変更ってやらなくても問題ないと思ってた」等の役所と年金の手続きさえしておけば、あとは少々大丈夫! という方が以外に多いということに気が付きました。


しかし、実際に相談に伺った時に、手続きを放置していたため、数年たってトラブルになったりしている案件も見受けられます。



そこで葬儀社様と協力して、後々困ったことが起らないように「診断書」なるものを作成し、葬儀を終えられた方々にアンケート形式で質問にお答えいただき、必要ならば我々が無料相談をお受けするという取組みをはじめました。

内容としましては・・・・


御葬儀後の手続き(相続)診断書

故人様の「ご自宅」、「田畑」、「山林」などの不動産名義変更はお済みですか

     ・はい        ・いいえ

故人様の「銀行口座」「証券会社口座」の手続きはお済みですか

     ・はい        ・いいえ

相続手続きを行う為に、どのような書類が必要かご存知ですか

     ・はい        ・いいえ

期限がある手続きがあるのはご存知ですか

     ・はい        ・いいえ

相続手続きが必要か否かご自身で判断し、手続きが可能ですか

     ・はい        ・いいえ


相続手続きを放っておくと、後々トラブルになるかもしれません。

一つでも「いいえ」が有る場合は、無料相談をお受けすることをお勧めします。

《 連絡先 》 

想いを ずっと つないでいく  あさひ行政書士法人

神戸オフィス:神戸市中央区江戸町95 井門神戸ビル5階
京都オフィス:京都市下京区油小路通塩小路下る南不動堂町3
       大道第一ビル4階
川西相談室 :川西市小花2丁目7-3 シャンテ川西3号棟102

フリーダイヤル 0120-4864-65

※無料でご自宅まで伺います。お気軽にお電話ください。
                               
                              こんな感じです。               
                              皆様のお宅はどうでしょうか?







2017年9月14日木曜日

週刊 高齢者住宅新聞に掲載されました

行政書士の前川です。



先日、「週刊 高齢者住宅新聞」に弊社の記事が掲載されました。


私どもは、相続だけではなく、


在宅でお一人暮らしをしておられる方のための「見守りパック」、


高齢者施設にご入居するための「身元引受パック」等、


終活の分野にも力を入れて活動しております。



ご興味のある方はいつでもお気軽にお問合せ下さい。




2017年8月30日水曜日

終活は元気なうちに


 皆様こんにちは、行政書士の今澤嘉孝(いまざわ きよたか)です。


以前、相続相談でこんな話がありました。


被相続人(亡くなった方)が妻で、夫からの相談でした。


そのご夫婦にはお子様がおられず、法定相続人は配偶者である夫と、

被相続人の兄弟姉妹と甥と姪の4人でした。

夫と被相続人の兄弟姉妹様は交流もあり、仲もよいのですが、

甥姪様とはほとんど交流が無く、前回会ったのも10年以上前だそうで、

甥の名前も覚えていない状況でした。



こんな時「遺言書」が有り、被相続人名義のすべての財産を夫に

相続させる旨を書いておけば、財産の分け方をすべての相続人で話し合う、

「遺産分割協議」が不要でした。



お話しをお聞きすると、生前に遺言書を書いたほうが良いとは

思ってはいたらしいのですが、本人様は元気なときに自分の死後のことを

考えるのは嫌だったとのことでした。

そしてご病気になったとき、遺言書をつくろうと思った時に、今度は夫のほうが

病気なのに遺言書をつくるのは大変だからと妻の体を気遣い、止めました。



相談者である夫は、遺産分割協議がまとまるだろうか?と不安になっておられました。

こんなことなら、遺言書をつくっておくべきだったともおっしゃてました。



人間だれしも自分の死後のことなど考えたくはないと思います(私もそうです)。

しかし自分の死後、相続トラブルの可能性があったり、特定の人に財産を残して

あげたい(又はあげたくない)という希望があるなら、そこは自分を曲げて、

大切な人のために、しかるべき準備をしてあげたほうが良いと思います。

終活は元気な時にしかできないのですから。





2017年8月12日土曜日

お盆です


みなさまこんにちは、行政書士の今澤嘉孝(いまざわ きよたか)です。


世間はお盆休み真っ只中ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。


私はというと、

本日は午前中、お盆休みで関東からこちらの実家に帰省されている方の

相続相談に行って参りました。


色々な手続き等のお話しを伺い、私共がお手伝いさせていただく

事になると、やっと安心され、お盆休みが気兼ねなく取れると

笑顔でおっしゃっておられました。


そういった笑顔やお言葉をいただくと、

私たちの仕事ってこういう事なんだ、

遺族の方たちに一日も早く日常を取り戻していただくための

お手伝いをさせていただく事なんだと実感します。


さぁ、午後は事務所で書類作成をします!


皆様はくれぐれも熱中症には気を付け、

お盆休みを満喫して下さい。

ではまた!




2017年7月13日木曜日

NEW川西相談室

皆様こんにちは、行政書士の今澤嘉孝(いまざわ きよたか)です。


かなり暑くなり、スーツで過ごすのも苦痛になった今日この頃ですが、

皆様におかれましては、熱中症などでダウンされておりませんでしょうか?

この間テレビで言ってましたが、のどが渇いたと感じた時点で、既に脱水症状だ

そうです。


私は昨夏、軽い熱中症でダウンしましたので、今年は気を付けたいと思います。



さて、我々の一般社団法人である「ライフエンディング・ステージあさひ」の

川西相談室を、先日よりリニューアルしております。


以前より川西相談室はございましたが、なんというか・・・

テーブルと椅子があるだけで、なんとも怪しい雰囲気だったので、


オフィスらしく、だれが来られても恥ずかしくないものにしようと

家具も買い直し、やっとオフィスらしくなって参りました。


最近は神戸方面のみならず、北摂の方からもご相談が増えてきましたので、

どんどん活用していきたいと思います。




2017年6月26日月曜日

京都で講演

昨日は京都駅にある京都劇場にて(介護の現状と備え)というテーマで講演を行いました。
毎年、京都のお取引先である葬儀社様の大きなイベントにて講演させていただいています。

超高齢社会において、ご自身の老後の備えの大切さについてお話しさせていただきました。

2017年6月10日土曜日

たまにはこんなことも


みな様こんにちは、行政書士の今澤嘉孝(いまざわ きよたか)です。

先日大阪の葬儀社様で、終活のセミナーをさせていただきました。


開始時間は午前10時からですが・・・・

あれ?  時間なのに来場者はまさかのゼロ!

平日ですし、こんな日もあるかと思い、帰り支度をしていますと・・・



式場見学に3名様がこられました。


お話ししてみると、終活に興味があるということでしたので、


座談会形式でセミナーをさせていただきました。



和気あいあいと、いつものセミナーとは違う雰囲気で、

質問などもたくさん出ました。


私としては非常に楽しい座談会、いやセミナーでした。





2017年5月25日木曜日

箕面市で終活セミナー

皆さんこんばんは。

行政書士の葉室です。

 
昨日は箕面市で
「エンディングノートを使った終活の始め方」
というタイトルでセミナーをさせていただきました。

 
定員15名のところ、30名を超える応募があったようで、皆様の関心の高さが伺えました。

 
1回目は、終活全般のお話

今回(2回目)は、エンディングノートを使った終活の取り組み方のお話

そして、次回は具体的な行動のお話として、遺言・保険・信託等のお話をしたいと思っています。
 
主催が老舗の葬儀社様で、終活への取り組みにとても熱心です。

 
セミナーは多くの方に一度にお話しできますが、実際に話を聞いて行動までできる方は非常に少ないと思います。

セミナーはあくまで「きっかけ」です。

一人でも多くの方が自分の老後やエンディングのことを考えていただければと思います。

 
個別に面談し、ゆっくりお話しして、お客様に必要な準備、対策が何なのか、一緒に考えることもできますので、ご希望の方はお気軽にご連絡いただけたらと思います。

 

2017年4月12日水曜日

東京で講演

行政書士の西木です。

大手金融機関さんの職員研修として、先日より名古屋、大阪で講演を行って参りました。
そして本日が最終の東京講演。

毎回100名を超す職員さんがご参加くださっています。
超高齢社会となった現在、高齢者に接する我々はどのようなことに留意し日々業務を行うべきなのか、高齢者のお役にたち、顧客満足度を上げるためには何が必要か等を話します。

講演により、多くの高齢者の皆様に安心を届けることが出来れば嬉しいですね!

2017年3月29日水曜日

いい一日

こんばんは。

行政書士の前川豊克です。


本日、相続手続きをすべて終え、

お客様のご自宅にて最終のご報告をさせて頂きました。

また、お客様ご自身の終活についてのサポートを新たにご依頼頂きました。

このお客様とは、この度ご依頼いただいた業務を含めると、

約2年のお付き合いになります。

今日のお話の中で、

「ほんとうに色々とお世話になった。前川さんと知り合えて本当に心強い。

今後も何か心配事があれば連絡させてもらう。」というお言葉を頂きました。

ご依頼頂いた業務を完遂する事は当然のことですが、

業務を進めていく中で、お客様と様々なお話をし、

個人的なお話や悩み事をお聞きする中で信頼を頂き、

このようなお言葉を頂いたときは、

本当にこの仕事をしていてよかったと心から思う瞬間です。


また、個人的にもうれしいことがありましたので、とてもいい一日でした。
                                                  
いいことも、わるいこともいつまでも続かないですが・・・

ひたすら前を向いて、頑張るのみですね。


今後ともよろしくお願いいたします。

2017年3月22日水曜日

あべのハルカスでセミナー

天気もよく、瀬戸大橋までよく見えます。
春を感じますね!

行政書士の西木です。
今日はあべのハルカスで終活セミナーを行います。
そろそろスタートします。

2017年3月13日月曜日

弁護士との掛け合いセミナー

こんにちは。
行政書士の葉室亮介です。
   
昨日は三田市にて終活セミナーを行いました。
46名ご参加いただき、相続・遺言からエンディングノートまで2時間かけて幅広いお話をさせていただきました。
  
なお、今回は初の試みで、私どもの顧問弁護士の先生との掛け合いセミナーでした。
実例を交えた丁寧な解説や、絶妙な突っ込みをいただき、お客様の理解もより深まったと思います。
普段から業務の連携をしっかりとっていますので、ほぼアドリブでしたが、私自身大満足のセミナーでした。
  
今回のセミナーは、郷づくり協議会という団体の主催でしたが、最近自治会や老人会、地域団体などからのお声掛けも増えています。
出張終活セミナーをご希望の方がいらっしゃいましたら、一度ご連絡いただけましたらと思います。
  
 

2017年3月2日木曜日

有料老人ホーム大阪フェスタ2017 に参加します。


皆さんこんばんは。

行政書士の浅井慎一です。



早くも3月ですね。

少しずつですが、春が近づいてきていますね。

しかし、花粉症の私には憂鬱な季節です。



さて、今週末3月5日(日)に開催される

「有料老人ホーム大阪フェスタ 2017」に

一般社団法人ライフエンディング・ステージとして

弊法人も参加させていただきます。


ご自宅で生活されている方向けの見守りサービス、

施設に入居される方向けの身元引受サービス

を中心にご案内させていただこうと思います。



毎年多くの方が来場され大盛況のイベントです。

お時間ある方は是非会場でお会いしましょう!!


お待ちしております。





「有料老人ホーム大阪フェスタ 2017」

期日:平成29年3月5日(日)

時間:午前11時~午後16時

会場:ハービスOSAKA 地下2階・ハービスHALL

入場:無料

2017年2月15日水曜日

西宮ヱビス神社でセミナー

先日、大手金融機関主催の終活セミナーを行いました。場所は西宮ヱビス神社。縁起が良さそうですよね。会場も満員となり、多くのお客にお話しすることが出来ました。

ご自身の老後について、学ぼうとする方が増えてきています。素晴らしいことですね!

いざというときに、困らないように!
家族に負担をかけないように!
しっかりと事前準備をしておくことは大切ですよ!

2017年2月6日月曜日

予防と備え

行政書士の前川豊克です。

気が付けば、前回ブログの更新をしたのが、4月30日でした。

今後はもう少し更新数を増やしていきたいと思います。




今回は後見制度について、書かせて頂きます。


セミナーなどで、後見制度についてお話をさせて頂くと、

「成年後見」という言葉は、多くの方がご存知です。

しかし、後見制度に2つの種類がある事をご存じの方はほとんどいらっしゃいません。


法定後見と任意後見の大きな違いは、誰が自分の後見人を決定するかという点です。


法定後見の場合は、家庭裁判所が本人の後見人を決定します。

以前は、子供や配偶者、親族などが選ばれることも多かったのですが、

近年は、一定の金融資産をお持ちの方は、ほぼ弁護士などの専門家が

選ばれるようになりました。


「自分は子供がいるから子供が後見人するわ」という方も多くいらっしゃいますが、

子供がいる場合であっても、必ずしも子供が後見人に選ばれるわけではありません。




任意後見の場合は、将来の自分の後見人を自分で決定します。


お元気な間に、自分の信頼のできる親族や、専門家などの間で任意後見契約を締結します。

ご自身が万が一、判断能力がなくなった場合、その契約で定めた受任者が

後見人となってサポートができます。



家庭裁判所の統計を見てみると、ほとんど利用がされておらず、

圧倒的に法定後見の利用の方が多い状況です。




子供がいない方、近く人信頼できる親族がいない方はもちろんですが、

子供がいる方であっても、

ご自身がもしも判断能力がなくなった時に、

「誰に、どんなサポートをしてほしいのか」を考える事はとても大切な事です。






次に、予防のお話。


現在、全国で認知症を患う人の数は、約460万人と推計されており、

今後、2025年には、700万人を超えると予想されております。


これは、65歳以上の高齢者のうち5人に1人が認知症を患うという計算になります。


また、同じ2025年には介護職員が全国で約38万人不足するという推計もあり、

今でさえ人手不足が問題になっていますが、今後ますます深刻になっていく事が予想されます。


多くの有料老人ホームは、将来の介護居室が不足することを予想して、

ご入居者様に認知症予防のための運動や、食生活を心がけるようアナウンスし、

サークル活動や講演などを行っております。



現時点では、「認知症にならない」という絶対的な方法はありません。


しかし、「こうすれば認知症になりにくい」という方法は、

最近の研究から少しずつわかってきました。


例えば、赤ワインを飲むことであったり、有酸素運動であったり、昼寝をすることであったり。

日常生活の中で、そこまで無理をすることなくできる予防もあります。



日頃から、認知症にならないよう予防を意識し、

そして万が一、自分が認知症になってしまったときに備える。






年明けに、10年後の大きな目標を達成するために、小さな目標を8個作りました。

その中のひとつが「健康」です。

今年は、一年間元気に仕事ができるように、常に「健康」でいれるようにしたいと思います。


といいつつ、年明け早々、尿管結石になってしまいました。



私も、しっかり「予防」と「備え」を意識したいと思います。



おそくなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。



2017年2月5日日曜日

冠婚葬祭


皆さんこんにちは。

行政書士の浅井慎一です。



さて、私事ですが昨日友人の結婚式に参加してきました。


とても素敵な式で、たくさんの幸せを分けてもらいました。

私も少しでも皆様の幸せをお手伝いできるよう

本日より業務をがんばっていきたいと思います。



また、披露宴においてはこだわりの演出や手作りの小物等が

随所にちりばめられていました。

十分に時間を使い、打ち合わせ等を重ねて

当日を迎えたのだと思います。





ところで、


同じ冠婚葬祭であるお葬式の準備を

これだけ時間をかけてされる方はほとんどいらっしゃらないと思います。


一人のヒトの人生における節目という意味では

結婚式もお葬式も大切な儀式であることは同じですよね。

(同様に扱わないでというお声もあるとは思いますが、、、)


結婚式では自分の想いを周りの方に伝えることを

自分ですることができますが、

お葬式はできないですよね。

誰に、どのような想いを、どうやって伝えるか、、、、、

これって今お元気なうちに準備しないとできないことです。


万一、自分が亡くなった時、

周りの親族や友人に感謝の気持ち等何か伝えたいことって

ありませんか。

もしあるのであれば是非準備しましょう。


葬儀費用のお預かり、死後事務、遺言書など

いろいろな方法で弊社もお手伝いさせていただけます。

困ったときは何でもご相談ください。


それではまた!





2017年1月28日土曜日

お引越し

こんにちは、行政書士の今澤嘉孝(いまざわ きよたか)です。




今朝の神戸は連日の寒さも和らぎ、わたくし5時半に起床しましたが、

いつものように震える事も無く出勤しました。



さて、最近相談を受けておりますと、お墓について聞かれることがチラホラございます。



お墓は有るけど、遠方でお参りが困難です。とか


子供がいないので自分の亡き後、お墓を守ってくれる人がいない。などなど


さまざまな理由はありますが、要するに今のお墓を別の場所にと

希望される方が増えてきているなぁと感じております。


実際に昨年、神奈川県のお客様に、鳥取県のお墓を神奈川県に移したいと

ご依頼があり、手続きのお手伝いをさせていただきました。



また今年になり、葬儀社様と相続セミナーの打合せをしておりましたら、

最近はお墓や仏壇のことで相談が増えてきたので、セミナーでもお墓や仏壇の

内容を入れていただきたいとご要望がありました。




生きている人間が引越しをするとき、市役所に転出届や転入届を出すように、

お墓も引越し(改葬と言います)をするときには、現在のお墓の管理者や新しい

霊園に証明書を発行してもらったり、市区町村に許可をもらったり、その他にも

やることはありますが、結構時間と労力がかかります。


私達はネットワークとして、霊園墓石の業者様ともお付き合いさせていただいて

おりますので、相続相談の際、お墓のことで・・・と思っておられたら、

ご相談ください。




















2017年1月5日木曜日

新年

こんにちは、行政書士の今澤嘉孝(いまざわ きよたか)です。



年が明け、弊所も本日から仕事始めです。


旧年中は大変お世話になり、有り難うございました。


本年も職員一同、みなさまのお役に立てるよう頑張りますので、


宜しくお願い申し上げます。