2016年10月16日日曜日

豆知識 死亡届は誰が出す?

皆さんこんばんは。

行政書士の葉室亮介です。

  
皆さんは、死亡届の届出は誰がするかご存じでしょうか?

葬儀屋さんが出すものと思っている方もいるかもしれませんが、葬儀屋さんはサービスで死亡届の提出代行をしているにすぎません。

 
実は、死亡届の届出人は、法律(戸籍法)で定められています。
誰でも出せるものではないんです!
しかも、届出人の氏名は戸籍に記載されます。

死亡届を出さないと火葬もできません。

 
戸籍法87条
左の者は、その順序に従って、死亡の届出をしなければならない。
但し、順序にかかわらず届出をすることができる。
第一 同居の親族
第二 その他の同居者
第三 家主、地主又は家屋若しくは土地の管理人

2 死亡の届出は、同居の親族以外の親族、後見人、保佐人、補助人及び任意後見人も、これをすることができる。

 
ポイントは1項、2項ともに最後の箇所です。

1項は、「~をしなければならない。」
2項は、「~をすることができる。」

つまり、1項に該当する方には届出義務がありますが、2項の方に義務はありません。

 
最近は、孤独死が増加しています。

同居者がおらず、親族とも関係を断ち、自分の持ち家で亡くなった方の場合は、どうなるのでしょうか。

警察が発見 ➡ 役所が親族を捜索 ➡ 親族はどうする?

 
先に見ていただきましたとおり、同居していない親族には、死亡届の届出義務はありません。

何十年も音信不通だった親族が亡くなり、突然連絡がきても、死亡届の届出人となったり、遺体を引き取ったり、葬儀を出す義務があるわけではありません。

大抵は、親族のどなたかが対応していただけるケースが多いと思いますが、親族誰もが引き受けてくれない可能性もあります。
 
  
終活が盛んになり相続・遺言について考えられる方が増えたように思いますが、死後事務についても考えておく必要があると思います。

2016年10月13日木曜日

だ~れだ?


こんにちは、行政書士の今澤 嘉孝(いまざわ きよたか)です。



急に涼しくなりましたね。

私は山の上に住んでいるので、街中とくらべ、気温が2度ほど低いんです。

今朝も暖房をいれました・・・・   冬本番になったらどうなるんだろう?



さて今回は、初回相談時によく「相続人は誰?」と、聞かれます。


相続人が誰かわからなければ、誰と財産の分け方を話し合えばいいのか

わかりませんし、もし一人でも欠けていたら、後々トラブルになる可能性が

ありますよね。



ですので、相続の基礎知識として、相続人は誰がなりうるのかを書きたいとおもいます。




まず、誰が相続人になるかは、民法という法律で定められています。

その定められた相続人のことを「法定相続人」といいます。


その法定相続人は、まずは被相続人(亡くなった方)の配偶者です。

配偶者は常に相続人となります。

但し、内縁の妻(夫)は相続人になれません。

内縁関係の人に財産を渡したければ、遺言書が必要になります。




次に、第1順位として子(子が先に死亡している場合は孫)

第2順位は直系尊属。つまり父母です(父母がいなければ祖父母)

そして第3順位は兄弟姉妹(兄弟姉妹が死亡している場合はその子)



となります。


第1順位がいる場合は、第2、第3順位の方は相続人になれないように、

先順位の方がいる場合は後順位の方は相続人にはなれないんです。




そして養子の場合ですが、養子は子として扱われ、実子と同様に相続権が有ります。

養子に出した子も同じように相続人になれます。



なお気を付けて欲しいのが、再婚した場合です。


再婚相手の連れ子は、そのままでは相続人にはなれないんです!



えっ! ほんとう?

そうなんです。再婚相手の連れ子は、養子縁組をしないと親子関係が無いため、

相続権が無いんです。




ですので、再婚する(した)方は、気を付けてください。




以上、細かい部分は省略させていただきましたが(これ以上書くと、読むのも嫌になる

と思いますので)、おおむねご理解いただけたと存じます。



それでは皆様、今日も一日頑張りましょう!