2016年6月30日木曜日

すっきりしましょう

こんにちは、行政書士の今澤嘉孝(いまざわ きよたか)です。


すっきりしないお天気が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

私もここ2,3日は車での移動中に、急にワイパーがきかないくらいの雨に
見舞われ、一瞬ヒヤッとすることが何度かありました。


すっきりしないと言えば、お客様の相談を受けている時に、よくこんなやり取りが
あります。


お客様 「市役所に死亡届を出したので、もう銀行口座も凍結(入出金などの
      取引きが出来なくなる事)されています。」


 「いえ、市役所に死亡届を出しても口座は凍結されませんよ」


お客様 「でも近所の人が以前そうなったと言ってましたよ」



市役所に死亡届を出せば、銀行口座は凍結される?  されない?




この問題、ここですっきりさせましょう!




答えは・・・・・・   


凍結されません!


誰かが銀行に亡くなった事を言わない限り、市役所が銀行に死亡した
事実を伝え、口座が凍結されることは有りません。


市役所が住民一人一人の銀行口座の情報、つまり誰が、どこの銀行の、
どの支店に、どんな種類の口座をお持ちかなんて知っているわけが
ありませんよね。



ですので、近所の人が以前にそのような経験をされたと言うのは、
御身内の誰かが、銀行に言ってしまったのだと思われます。




すっきりしましたでしょうか?












2016年6月9日木曜日

高松でセミナー

行政書士の西木です。
先月、今月はセミナーのご依頼を多く頂戴しています。私はほぼ毎日どこかでセミナーです。

今日は久しぶりに高松でセミナー!
大手金融機関様のご依頼だけあって、盛況に終えることができました。

最近益々終活への関心が高くなってきていると感じます。
65才以上の高齢者の56%が高齢者のみの世帯であるため、孤独死への不安を訴える人も多くなってきています。

我々は、高齢世帯の孤独死を防ぐための 見守りパック というプランを準備し、活動を始めました。

高齢者のみの世帯の方は、是非お問い合わせください。