2014年2月26日水曜日

それぞれの分野での終活

午前中、マンション管理のプロに終活についてお話しを伺う機会を得ました。マンション管理の分野でも我々とは違う切り口でお年寄りのサポートを考えておられ、そのアイデアは斬新でした。
昼から、神戸市様と高齢者住宅情報センター様共催のイベントにて講演させていただきました。2時間の持ち時間だったので、ゆったりお話しできました。

今回のテーマは、住まいについて考えるものだったのですが高齢者の高い意識には驚かされました。
我々は介護や医療、住まいの現場の話をもっと聞き、現場と法律との狭間を埋めるお手伝いをしなければなりません。

2014年2月25日火曜日

篠山で相談

終活についてお悩みのご夫婦から無料相談のご依頼があり、今日は篠山に来ています。
午前中は三田でセミナー。昼から篠山で相談2件入っています。篠山は遠いって思っていませんか?!
神戸から1時間です。近いものです。

2014年2月21日金曜日

事務所移転

いよいよ明日事務所移転です。今の事務所に移ってきて丁度10年。長いようであっという間でした。今度の事務所は三宮花時計のすぐ後、分かりやすい場所にある井門ビルです。
まだ移転のご案内は出せていないので急がなければなりません。
さあ、明日は引越し、早く寝ます。

2014年2月19日水曜日

三田市でセミナー

今日は三田市でセミナーでした。
エンディングノートと遺言というテーマ!
最近、このテーマでのセミナー依頼が多くなっています。
最近思うことは、セミナー終了後の質問が多いこと。
世の中の関心が高くなってきていることをひしひしと感じます。

2014年2月17日月曜日

金融資産の相続

相続手続きは、相続人を証明するための戸籍一式、証明された相続人全員による遺産分割協議書が必要です。数年前まで銀行でも遺産分割協議書以外にその銀行独自の書類に、全員の署名、実印を求めるところが多くありました。さすがに最近そのようなナンセンスな事を言う銀行はなくなりました。
しかし、一部の証券会社では、まだそんなことを言うところがあります。相続人が多い場合、相当な時間を要する場合もあります。遺産分割協議書押印前に事前に確認する必要がありますね!

2014年2月15日土曜日

篠山でセミナー

篠山到着!  今日は篠山でエンディングノートと遺言というテーマでセミナーをします。
雪が心配だったけど、大丈夫そう!
頑張ります

2014年2月13日木曜日

おしどり夫婦の悲しいお別れ

私共でサポートさせていただいていた仲のよいご夫婦がおられます。お子様がおられないため不安な気持ちをお持ちのまま老後を生きてこられました。
私共がお子様の代わりに後の手続き一切を承っています。
そのご主人が今日お亡くなりになりました。
仲睦まじいご夫婦だったので、奥様の悲しみ、辛さが身に沁みます。
気丈に振る舞っておられますが、今にも折れそうな状態が伝わります。
同時にこの奥様の老後を、ご主人に代わって見守らなければならないと強く決意いたします。

引っ越し

事務所移転まであと9日。思った以上に時間も手間も経費もかかる!
移転場所は、神戸市役所花時計の西隣!
以前のリクルートビルです。
最近では大手企業様との取引も増えてきたので、少し頑張っていいビルに移転します。
皆様是非お立ち寄りください。

2014年2月10日月曜日

日本刀の相続

日本刀にはその刀ごとに登録証があります。登録は、警察ではなく実は教育委員会です。
登録証がない場合は、警察に発見届を提出し、その後教育委員会に登録します。
この登録証なく、日本刀を所持することは禁じられています。もちろん売買もできません。
日本刀を相続した場合、登録証をきちんと確認しましょう。

2014年2月9日日曜日

我が家の周囲の雪が溶けません。駐車場には多くの雪が残っているので車を出すにも一苦労です。山を越え、三宮にくると雪の気配すらない。やっぱり北区は寒いんだと実感します。

2014年2月7日金曜日

吹田で終活セミナー

吹田のメイシアターにて、終活セミナー終えました。
各自治会から5名ずつ、計180名程のご出席を頂き、盛大に催して頂きました。自治会連合会様、吹田市様、ありがとうございました。
私共は終活普及のため、人数に関係なくセミナー活動を続けて参ります。

吹田でセミナー

今日の夕方から吹田でセミナーを行います。昨年末に聞いて下った自治会の皆様からのリクエスト講演。
150名の参加者と、なんと市長さんまでご参加くださいます。
身が引き締まります。

2014年2月3日月曜日

ようやくインフルエンザから復活

苦しんだインフルエンザがようやく完治。
明日から復帰します。
気を付けていたのですが、移るときはあっさり移ってしまうものですね。
来年から、お客様と接する職員は予防接種を徹底しなくては!
我々はお年寄りと接する職業なので、特に気を付けなくてはなりません。
移っただけでよかった。これをお客様に移してしまうことはあってはなりません。