2016年9月26日月曜日

履歴書


こんにちは、行政書士の今澤嘉孝(いまざわ きよたか)です。


不安定な天候にくわえ、気温もあがったりさがったりで、みなさま体調の方は

大丈夫でしょうか?




さて、弊所は7月より行政書士の資格者(勉強中も可)と事務職を各1名募集しております。



すでに十数名の方に応募していただいておりますが、少し気になることがあるのでブログに

書いてみました。





弊所の1次選考は、書類選考です。



みなさま履歴書、職務経歴書を送ってくださるのですが、書類選考を通過され2次選考の

面接に進んで頂く方が非常に少なく、3割に満たない状況です・・・



書類選考を通過される方と通過されない方の違いって?



書類選考を通過できない方の応募書類には、共通点があります。




それは・・・・




一言でいえば、応募書類を大切にしていないのかな?と思わせてしまうところです。




具体的にいえば、履歴書を使い回ししているのが明らか(もうヨレヨレ)、印鑑の印影が

欠けているまたは滲んでいる、写真の質が悪かったり貼り方が歪んでいる等です。



書類選考である以上、履歴書や職務経歴書は応募者のすべてです。


経歴や保有資格等が素晴らしく、本来ならぜひお会いしたいはずの方が、


そんなわずかな事で台無しにしていることが有ります。



本当にもったいないことですよね。



応募書類は自分の分身です。



少しでも参考にしていただければと思います。




2016年9月5日月曜日

吾輩は猫である


こんにちは 行政書士の今澤嘉孝(いまざわ きよたか)です。



突然ですが、「 死後事務委任契約 」って知ってますか?




えっ!?  そんな言葉初めて聞いた?





では、ご説明いたします。




「死後事務委任契約」とは、

委任者(本人)が受任者(自然人・法人を含む)に対し、

亡くなったあとの葬儀や納骨などの、死後の事務についての代理権を与えて

死後事務を委任することをいいます。



つまり・・・



委任者(まかせる人)が、信頼できる人や法人に、将来自分が死んだあと、

親族や関係者へ連絡したり、葬儀や納骨をおこなったり、生前の医療費なんかを

しはらったり、クレジットカードの解約をしたりなどなど・・・・

そんなさまざまな事柄をまかせるための契約です。



身寄りがなかったり、家族親戚が海外などの遠方にいらっしゃるなどの理由から、


この死後事務委任契約書をつくるかたが増えてきています。




「遺言書」と何がちがう?



遺言書は財産の分け方や、認知などの身分に関することを書くのであって、全くの

別物なんです。




私達も受任者となり、この死後事務委任契約を結んでおります。





葬儀・納骨を行い、クレジットカードや携帯電話を解約し、未払の公共料金などを


支払いますが、最近増えてきているのがペットを残してお亡くなりになるケースです。




携帯電話やカードみたいにハイ解約という訳にはいきません。


生き物ですから・・・




以前私がさせていただいた案件でも、猫を6匹飼っておられました。



2匹は近所の信頼できる人に貰っていただき、あと4匹は、


買主のない動物たちを生涯お世話していただける施設に引き取っていただきました。



彼らは自力では生きていけません。




お一人様でペットを飼っておられるかたはぜひ、自分に万が一のことがあったとき、

家族であるペットをだれに託すのか考えてやってください。






























2016年7月30日土曜日

見守りサービスのいろいろ

みなさんこんにちは。

行政書士の葉室亮介です。

 
見守りサービスというと、みなさんはどのようなサービスを思い浮かべられますか?

実は、一口に見守りといっても、提供する会社や団体によりその内容は全く異なります。

 
先日見守りサービスを全国で展開する事業者さんとお話をする機会がありました。

その事業者さんのサービスは、下記のようなものでした。

①毎日電話で体調確認(結果はメールでご家族へ報告)

②緊急通報装置や機器の設置による見守り

③緊急時は警備会社が出動

④自宅のホームセキュリティも完備

⑤施設紹介

 
365日、毎日電話で体調確認をするというのには驚きました。

自動音声によるものではありますが、日々内容を変更する等して工夫を凝らしています。

サービスの質から考えると、価格も非常にリーズナブルで、利用者の評判もとても良いようです。

 
 
高齢者のお一人暮らしが増えています。

子どもがいない方だけでなく、いらっしゃっても近くにいない、海外に住んでいる等何かあっても駆けつけられないという方はたくさんいらっしゃるかと思います。

 
有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅での生活も考えてはいるが、元気なうちは自宅で暮らしたい、また可能であれば最期まで自宅で暮らしたいという方も多いと思います。

 
ただ、住み慣れた自宅で生活していても、転倒や病気等で今までのような生活ができなくなるかもしれません。

万一の場合にも対応できる準備は考えておく必要はあると思います。

 
 
私たちは、在宅生活者向けのサービスとして「見守りパック」というサービスを開始しました。

先の事業者さんのようなサービスを提供する団体と協同し、もう一歩踏み込んだサービスを提供しています。

私たちの見守りサービスは、下記のようなものです。
 
①緊急駆け付け(24時間365日)

②医療同意

③入院時の保証

④死後事務

⑤定期的な見守り

⑥健康相談

⑦財産管理

⑧住み替え相談

 
子どもと同じような対応ができるように、一人でも孤独死から救うために考えたサービスです。

「見守りパック」にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

2016年7月26日火曜日

気軽に相談 ☆彡

こんにちは、行政書士の今澤嘉孝(いまざわ きよたか)です。



今年の夏は本当に暑いですね。



私も先日、とうとう軽い熱中症になってしまい、ダウンしてしまいました。(´Д`;)



皆様は私のようにならないように、無理せずこまめに水分を取って、

今年の猛暑を乗り切ってください。




さて最近、数人の方から終活についての相談を受けました。



今は昔と違って、色んな制度や決まり事があり、いざという時の準備といっても

何をどう準備すればよいのかわからない!



と言う方がほとんどです。




そうですよね、家族構成、在宅か施設か、もし認知症になったら・・・


終活と一言でいっても、お一人お一人取り巻く環境や事情は、千差万別です

もんね。






そういう方々のために私達専門家がいるのです。




具体的に何がしたいとわからなくても、私達がきちんと現状やお気持ちを



お聞きし、何が必要で必要ないかをアドバイスさせていただきます。





初回相談料は無料で、ご自宅まで伺わせていただきますので、


今後に備えて、ちょっと準備をはじめようかな、でも何か複雑でわかりずらいな、


と思われたら、遠慮なくお電話ください。




私達が、そのモヤモヤしたお気持ちを晴れやかに変えさせていただきます。






2016年7月7日木曜日

有料老人ホーム神戸フェスタ2016

こんにちは、行政書士の今澤嘉孝(いまざわ きよたか)です。


行って参りました! 7月4日、「有料老人ホーム神戸フェスタ2016」


19もの有料老人ホーム様が一堂に会し、個別相談有り、
有料老人ホームの選び方から、過ごし方の講演も有りで、約500名の
方々がお越しになられました。




↓ メイン会場の様子



とは言うものの、あくまでメインは有料老人ホーム様。



私達は、そのサポートとして、終活や相続の相談にのることが
出来ればと思い、参加させていただきました。




講演の空き時間に、数名来ていただければいいかなと思いスタンバイ
しておりました。



   ↓ まだ余裕のある私 ↓


しかし!  えっ!?

並んでる・・・・


予想に反して、大多数の方が我々のブースに相談に来てくださいました!


なかでも、後見制度についての相談が多かったように感じました。



皆さま本当にきちんとお考えなんだなと、実感と感動をしました。




このような機会を利用してご相談くださるのも大いに結構ですが、
気になること、分からないことがあれば、いつでもご連絡くださいね。












2016年6月30日木曜日

すっきりしましょう

こんにちは、行政書士の今澤嘉孝(いまざわ きよたか)です。


すっきりしないお天気が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

私もここ2,3日は車での移動中に、急にワイパーがきかないくらいの雨に
見舞われ、一瞬ヒヤッとすることが何度かありました。


すっきりしないと言えば、お客様の相談を受けている時に、よくこんなやり取りが
あります。


お客様 「市役所に死亡届を出したので、もう銀行口座も凍結(入出金などの
      取引きが出来なくなる事)されています。」


 「いえ、市役所に死亡届を出しても口座は凍結されませんよ」


お客様 「でも近所の人が以前そうなったと言ってましたよ」



市役所に死亡届を出せば、銀行口座は凍結される?  されない?




この問題、ここですっきりさせましょう!




答えは・・・・・・   


凍結されません!


誰かが銀行に亡くなった事を言わない限り、市役所が銀行に死亡した
事実を伝え、口座が凍結されることは有りません。


市役所が住民一人一人の銀行口座の情報、つまり誰が、どこの銀行の、
どの支店に、どんな種類の口座をお持ちかなんて知っているわけが
ありませんよね。



ですので、近所の人が以前にそのような経験をされたと言うのは、
御身内の誰かが、銀行に言ってしまったのだと思われます。




すっきりしましたでしょうか?












2016年6月9日木曜日

高松でセミナー

行政書士の西木です。
先月、今月はセミナーのご依頼を多く頂戴しています。私はほぼ毎日どこかでセミナーです。

今日は久しぶりに高松でセミナー!
大手金融機関様のご依頼だけあって、盛況に終えることができました。

最近益々終活への関心が高くなってきていると感じます。
65才以上の高齢者の56%が高齢者のみの世帯であるため、孤独死への不安を訴える人も多くなってきています。

我々は、高齢世帯の孤独死を防ぐための 見守りパック というプランを準備し、活動を始めました。

高齢者のみの世帯の方は、是非お問い合わせください。